« ●魔術師ガザージ氏の庭で | トップページ | ●かいじゅうたちのいるところ »

2005年9月13日 (火)

●うみのむこうは

umi今日の2個目のe-絵本です。ブログをさぼっている間、8月の末に秋田の「大曲」に行って来ました。何故かというと、その日「全国花火競技大会」があったのでした〜〜ワ〜パチパチパチ〜。
毎年見に行ってたのですが昨年は残念ながら行けず、2年ぶりの大曲なのでした。しかし、わかってはいたのですが、人がすごい… どうやら大曲の人口は4万人程度なそうですが、その日は70万人になるらしい…(@○@;) 人はすごいし、渋滞もすごい、昼は暑いし夜は寒い、便所は長蛇の列だし汚いし、雨でも中止しないからずぶぬれになるし、環境最悪です。なんでまた毎年人が集まるのか?やっぱり信じられないくらい花火が凄いからなんでしょうね〜なんたって全国の花火師の競技大会だもん。全日本柔道選手権みたいなモンだよね。「おいらの花火が一番さ!」って感じ。
有名なので皆さんご存知かもしれませんが、空の見える範囲すべてが花火になります全部です。全面です!容赦なくバンバン上がっちゃいます。大迫力です!「そんなに上げちゃって大丈夫なの?もったいね〜」って思っちゃう。今年も桟敷席を確保。やっぱよかったっすよ〜。環境は最悪だけど…同席した爺さんばあさんが、とっても良い人で終始和やかに観覧できました。おいらもこんなふうに歳をとれたら幸せだな〜って思える人達でした。しかし帰りはやっぱり大渋滞。駅もごった返していたし、便所は長蛇の列だし、寒いし疲れるし眠いし腹減るし、やっぱり最悪でした……来年も行きましょう。
さて、まったく関係ありませんが、本日2冊目の絵本は五味太郎さんです。「うみのむこうは」です。この絵本は

題名の通り海のお話です(そりゃそうだろう…)。あっ!ちがった、正確に言うと海の向こうを想像する絵本です。「海の向こうはどんなだろう?」少女が広大な海を眺めながら想像しているお話です。とてもシンプルなお話ですがラストは「おお!なるほど〜そうくるのね〜」五味ワールド炸裂!とっても見応えのある、わかりやすいページ構成で、またしても感心してしまいました。「天才!」
カラーインクの美しく、かわいらしく、絶妙の構図が神業を感じるイラストレーションです。あたりまえなんですが、うまい!です。これって26年前の絵本なんです。さすがに今の五味太郎さんとはちょっと違いがあるものの、そんなことは問題にならないくらい、時代を感じさせない完成度があります!「え!?そんなに前の本なの?」って思うこと間違いなしです。
幼い頃の多感な想像力を思い出しちゃう、いい絵本。真夏の海に行きそびれて、静かになった秋の海を眺めに行こうかしら。な〜んて時には是非この本を読んでから行ってください。いつもと違う海が見えてくることでしょう。
アキンガーの個人的なオススメ度は4.5です(なんだそりゃ)。
(作:五味太郎 発行:絵本館 1979年12月初版)

↓クリックでアマゾンから買えます「カチッ!」

うみのむこうは
4871100359五味 太郎

絵本館 1979-12
売り上げランキング : 238,455

おすすめ平均star
star本の中に「世界」があります

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« ●魔術師ガザージ氏の庭で | トップページ | ●かいじゅうたちのいるところ »

コメント

>空の見える範囲すべてが花火になります全部です。

アキンガーさん、おひさ~。harryです。いいなぁ、花火。「全面花火の空」見てみたいです。ちょっと遅れてくる「ドン!」って音もやっぱりひっきりなしなんでしょ?うひゃ~(>_<)

投稿: harry | 2005年9月13日 (火) 18時01分

そっか、人を集めたい場合は全国○○競技大会とか全日本○○選手権にすればいいんだ。「11月3日文化の日、盛岡市教育会館では恒例となった全国イラスト選手権が開催され、ウェルター級でアキンガーさんが敗者復活戦から勝ちあがり銅賞に。岩手で唯一のメダルを獲得しました」てのもいいな。

投稿: 袋小路ましゅまろ | 2005年9月13日 (火) 18時23分

中学の国語教科書に「あの坂を超えれば海が見える〜」って内容のお話があったのを思い出しました。主人公は何度も坂を超えては、その向こうにきっとある海を願って歩き続けるのですが・・・確かですね〜ないんですよ。ちょっと切ないお話でした。
この絵本の少女は海に行けたのかしら。

大曲の花火行って来たんですね。私はここ最近恒例のごとく
渋滞で盛岡に帰って来る車とは逆方向に、秋田へ向かっていました。午前3時でも所々渋滞でしたよ!私はモチロン八郎潟へスイスイ〜っとでした。

投稿: neige | 2005年9月13日 (火) 20時52分

この本いいかも。と思ってクリックしたら、Amazonさん画像なしで紹介されていたの〜(+_+)残念。絵本買う基準って、私的には“絵”なので今度本屋でチェックします!(買うときはAmazonでね)
(x_x)大曲行きたかった〜!ただただひたすら夜空にあがる花火を見るだけなのに数時間も見ていられる魅力、しかも吐き気がする位の人混みなのに現場に行きたくなるパワーもこれまた不思議。来年は行きたいな〜(誰か渋滞をさける裏道・裏技教えてくれ〜!)

投稿: 太陽と月の子 | 2005年9月14日 (水) 12時58分

●harryさん、こんにちは。
ちょびっとサボってました…お久しぶりです。harryさんはちゃんとやってるみたいですね。みならいます!
「どん」って音もひっきりなしです。おまけに風向きによっては花火のかけら、というかカス(?)も雪のように降ってきますよ。なかなかおつです(^^)

投稿: アキンガー | 2005年9月15日 (木) 14時14分

●ましゅまろさま、こんにちは。
ましゅまろさまは全国の業界の頂点、宣伝会議で賞とってるモンね。あたしも全日本で銅賞になりたい。できれば、バンタム級でエントリーできるようにしたい…無理だな…うん無理だ。

投稿: アキンガー | 2005年9月15日 (木) 14時23分

●neigeさん、こんにちは。
おひさしぶりです。げんきっすか〜?
「あの坂を超えれば海が見える〜」まったく記憶にないです…。中学っすか…寝てたからな〜無理もないッすね。つうか年代が違うって!って感じ?ちびっと読んでみたい気がする。

八郎潟!それは…え〜と、あれですね。三平ですね(なんだそりゃ?)

投稿: アキンガー | 2005年9月15日 (木) 14時32分

●太陽と月の子さん、こんにちは。
そうなんすよね〜。なんでやねんて位、私が好きな絵本は画像がないんですよ…。古いのかな?? 是非、事務所に来てください。あります。

大曲良かったっすよ〜。人混み、吐き気がします。(^^)人間ってこんなにいるんだな〜って感じ。 どうやら裏道あるらしいです。今度聞いてきますね。でもそっちはそっちで混んでそう…

投稿: アキンガー | 2005年9月15日 (木) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●うみのむこうは:

« ●魔術師ガザージ氏の庭で | トップページ | ●かいじゅうたちのいるところ »