« ●うみのむこうは | トップページ | 休憩-5 ステップバン »

2005年9月23日 (金)

●かいじゅうたちのいるところ

me-sakuこんにちは。e-絵本のアキンガーです。いや〜実は私、最近太った…。いわゆる中年なんたらってやつかしら…うすうす感じていたのだが、この間体重計にのってみたら体脂肪30だって!がーん!! 以前は25位でぎりぎりだったのに…完璧肥満ゾーンに入ったみたい「かるくやばい」じゃなく「脱いだら凄いんです」って感じです。そんなわけで最近カミサンに教えてもらって、低インシュリンダイエットもどきを試しています。完璧に理解していないので詳しくは書けないのですが、どうやら一度にガバガバ食わないで数回に分けて少しづつ食べるといいらしい。我が家にはそれの解読本がある。数年前にカミサンが買ったらしい。「詳しく教えろ」言ったら「まだ読んでない」とのこと…(そんなのがいっぱいある)。ただいま勉強中でした。詳しい人は教えてね。
さてさて本日のe-絵本はダイエットには全く関係のない「かいじゅうたちのいるところ」です。ちなみに上のイラストに様なお話ではありません(なんで描くんだ!)。この絵本を最初に

読んだのは、ハンバーガー屋さんの中でした。5・6年前かな〜。お持ち帰りハンバーガーを待っているベンチの脇に「暇だろ、読めよ」って感じでおいてました。暇だったので読んでみました。 すばらしい!!一回読んで、もう一回読もうとした時にハンバーガーが出来やがった。「チッ!」しょうがないので、しぶしぶ絵本をそこにおいて帰ったのでした。
やんちゃな少年が怪獣たちのいるところに行くお話。江國香織さんが「絵本を抱いて部屋のすみへ」という本で“ここではないどこかにいきたいとずっと思っていた”というフレーズでこの絵本のことを紹介していました。とっても的を得た言葉だと思います。そんな想いって誰しもが持っていて「どこか」への強い憧れと巨大な不安がいつも葛藤しているのではないかな〜と思います。
モーリスセンダックさんの繊細でちょっと怖いイラストレーション。怪獣たちも怖いけど愛嬌があり見応えも読み応えもあります。「ここではないどこか」に連れて行ってくれる素敵な絵本です。ハンバーガーをキャンセルしたくなっちゃう。
僕が持っているこの本は2003年判なのですが86刷だそうだ…すごいっすね〜。名作です。アキンガーの個人的なオススメ度は4です。まだ読んでない人は是非!
(作:モーリスセンダック 訳:神宮輝夫 発行:冨山房 1975年12月5日第1刷発行)


↓ここからアマゾンで買えます!

4572002150かいじゅうたちのいるところ
モーリス・センダック じんぐう てるお

冨山房 1975-01
売り上げランキング : 8,506

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« ●うみのむこうは | トップページ | 休憩-5 ステップバン »

コメント

いっしょにダイエットしましょう。
私にも良い方法がわかったら教えてくだされ。

め~って鳴くのは、やぎっぽくていいですねぇ。

投稿: ひでぽん | 2005年9月23日 (金) 16時54分

痩せる・・太るのは簡単なんだけどね。
1日30品目以上食べるとよろしいらしい。
品目が少ないと、体が要求して必要以上に、
余計なモノを食べてしまうみたいです。

では、さらばじゃ。ピュ~~~~

投稿: ほっぷすクン | 2005年9月23日 (金) 20時48分

現在ダイエットに成功中の私の方法を参考までに。名づけて「手抜きダイエット」。一日36品目食べるのですが、冷凍の五目チャーハンに七味唐辛子を振りかけたら12品目と数えます。その調子で健康管理すれば病的に減量できるよ。

投稿: 袋小路ましゅまろ | 2005年9月23日 (金) 23時37分

●ひでぽんさんへ
只今、解読書を解読中です。いいことばっかり書いていてワクワクします。でもまだ2・3ページしか読んでないのです。ははは…フォトリーディング習わなきゃ!!

●ほっぷすクンさんへ
ホント太るのは簡単ですよね〜。僕は昔、顔が細長いのでピーナッツとか呼ばれていたんだけど、最近は大豆に近くなってきた気がします(T.T)。
30品目っすか〜なるほどぉ〜。んん〜覚えれるかな〜がんばってみます!また教えてね。

●ましゅまろさんへ
ましゅまろさん、ダイエットしていたんすか?
五目チャーハンと七味唐辛子で12品すか〜!?だははは。
ん〜信じがたいが、成功者の話ですしね。試してみます…

投稿: アキンガー | 2005年9月24日 (土) 10時46分

「暇だろ、読めよ」ってな調子でこの絵本を置いておくとはなかなか粋なバーガーショップですね。
ところでこのブログのイラストってアキンガーさんご自身の手によるものだったんですね。すごーい。

さてこの絵本は私にとっては「目からウロコ」絵本ですよ。だって一番の大物は紙面に現れないんですから…。

投稿: えほんうるふ | 2005年9月26日 (月) 12時08分

●えほんうるふさん、こんにちは。
コメント&トラックバックありがとうございます。「オトナノトモ」ブログ読ませていただきました!さすがですね。私ももっともっと深く感じ取らなきゃ!って思いました。ありがとうございます〜。
イラストは下手なんですががんばって描いてました。これがなかったら更新がもっと早いのに…と更新のたんびに思ってます。
ちなみに粋なハンバーガーやさんは現在は弁当屋になってしまいました… 残念!

投稿: アキンガー | 2005年9月28日 (水) 10時12分

アキンガーさん、はじめまして。
山猫とイイマス♪
ハンバーガーショップが弁当屋に!はは。
「マジック!!」
このように「かいじゅうたちのいるとこら」は、一夜にしてどこに行ったかわからない・・・。
『皆既月食』の1,2時間のできごとだったのか。それとも、『空想・妄想』であったのか。
はたまた『夢』であったのか。
それはもう、あとは大人になったマックスに聞いてみよう!(^^*
それがいい。
あるいは、もう一度コドモになってみますか?
はは。(^^*
--(や)--

投稿: 山猫編集長 | 2005年9月29日 (木) 15時00分

山猫編集長さん、こんにちは。
見に来ていただいて、うれしいような恥ずかしいような…
とりあえず、いらっしゃいませ。です。
絵本のブログいろいろありますが、山猫編集長さんはじめ、皆さんしっかりやってるな〜って感じがします。僕ももうちょっと内容のあるブログを目指しま〜す!

投稿: アキンガー | 2005年9月30日 (金) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●かいじゅうたちのいるところ:

» 少年よワイルドな妄想を抱け [オトナノトモ]
Where the Wild Things AreMaurice SendakHarpercollins Childrens Books by G-Tools かいじゅうたちのいるところモーリス・センダック じんぐう てるお冨山房 1975-01by G-Tools   我が家では数年前からヒトの形をした一匹のケモノを育てている。 これが機嫌のいいときは..... [続きを読む]

受信: 2005年9月26日 (月) 12時08分

« ●うみのむこうは | トップページ | 休憩-5 ステップバン »