« ●サイレント ヴィジョン | トップページ | 号外:やった〜合格! »

2005年12月 6日 (火)

●すてきな三にんぐみ

tyoikowaこんにちは、e-絵本のアキンガーです。世の中の流れを無視して事務所にこもっていたら「あらま!」盛岡はゆき、ユキ、雪。すっかり冬らしくなりました。なんともう師走。まいりましたね〜今年も終わりですよ…はやすぎ!って感じですよね〜。
本日はチビッと町に出ました。本屋の前を通ったところワゴンに「日本の猫」っていう本発見!よくありがちな猫の写真集です。でも「おおーこれは!」胸を躍らせる本でした。実によい写真ばかり!そして見覚えが…そうだ、SINRAっていう雑誌で特集していた(ホントによく撮れている猫、いかにもかわいく見せるのではなく本当に猫の普通の生活の絶妙なシーンをとらえた抜群の写真のシリーズ)あの写真だ!最近カミサンに「本買いすぎだ」って怒られているからやめようと思ったんだけど「これは買いだ!」ワゴンの本はちょっと心配なんで中で買いましょう〜。なんて感じで中へ。そしたら、アタゴオル物語や鉄腕アトム、鴨川つばめなんぞを見てまわること30分。結局買ったのは、いまさら「AKIRA」第1巻。(なぜか1巻だけどかいってしまったから…)やっぱり「AKIRA」は1巻が面白いよな〜 なんて感じで満足げに本屋を出たら、そこのワゴンには「日本の猫」……。こいつの存在を忘れていた…。悩んだあげく買わずに事務所に戻ったアキンガーでした。我ながらなにやってんだろうってガッカリしています。きっかけと結果が全く違う。そんなことが私は多い… そんでも久々に読んだ「AKIRA」は面白かった。大友克洋は天才だ。
それはそうとて、e-絵本、今日の絵本は師走ということとは、全く関係なく

「すてきな三にんぐみ」です。トミーアンゲラーさんです。みなさん小さい頃に読んだことあるらしいです。ほんでも僕は大人になってから読みました(ホントに本嫌いな少年でした…)。3人の山賊さんのお話。イラストレーションの色合いはダークブルーと黒の2色で暗めなんですがレイアウトもキャラクターも実にセンスを感じる絵です。闇に紛れて悪さをする3人組、前半はどんよりしてちょっと怖いんです、でも本職の山賊のくせに武器がほほえましくてニヤって感じ、ラッパの銃とか…。最後は結局な〜んだこいつら、いい奴らじゃねえか!愛情にあふれた物語で忘れられない素敵な絵本です。
トミーアンゲラーさんの本は、他にも「ゼラルダと人喰い鬼」って本を知ってますけど、この本も前半チビッとこわくってハッピーエンドの、これまたとってもいいお話です。
「僕のつくる絵本はファンタジーをふんだんに伴いながらも、ありのままの世界を見せています。間違いは正すことが出来る。」(みづゑ 2004年・夏号)とトミーアンゲラーさん。人間味あふれた素敵な絵本をたくさん創っていてこの「すてきな三にんぐみ」は国際アンデルセン賞・画家賞・次席で、なんと22カ国語に訳されているようです。凄い!!ちなみに僕の持っているのは改訂版で158刷でした…
少年・少女時代に読んだ人も、大人になった今読んでみると、また違った味わいを感じていただけると思います。トミーアンゲラーさん「すてきな三にんぐみ」ぜひ!
アキンガーの個人的なオススメ度は4です。
(作:トミー・アンゲラー 訳:今江 祥智  発行:偕成社 1969年12月第1刷)
 
 
 
↓ここからアマゾンで買えます(カチ!)

4033270205すてきな三にんぐみ
トミー=アンゲラー いまえ よしとも

偕成社 1977-12
売り上げランキング : 8,737
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« ●サイレント ヴィジョン | トップページ | 号外:やった〜合格! »

コメント

「すてきな三にんぐみ」
3つのサイズがあるのご存じでしたか?
手のひらに乗るくらいのやつ・ふつうのやつ・大型絵本(ざぶとんくらいの)

幼稚園の子どもたちに読みきかせしたことがありますけど、小さいのから順に見せていって、最後にでかいのを見たときのkidsの顔!愉快でした。

武器の描写でおもしろいなと思ったのは、「騎士とドラゴン」(トミー・デ・パオラ/ほるぷ出版)

ドラゴンとの戦い方を知らない騎士と、騎士との戦い方をしらないドラゴン。いつかくる勝負の日のために、両者はヒミツの特訓を…。ドラゴンが威嚇のために鏡に向かって「こわ~い顔」をつくる練習をしていたり、騎士が手作りの武器を試着していたり…。おもしろいです。よかったら読んでみてね。文はほとんどないんです。絵の力でここまでいくとは!って1冊だよ。

投稿: harry | 2005年12月 7日 (水) 17時49分

harryさん、こんにちは!いつもありがとうございます〜!
おお〜それは知らなかった!手のひらに乗るヤツもあるんですか?ほしい!!さすが詳しいですね〜。でもいったい何のためにあるんだろう〜?大きいのは何となく分かるけど…
「騎士とドラゴン」、マジで面白そうですね〜ぜひ購入してみます。感想お知らせしますね〜。

投稿: アキンガー | 2005年12月 8日 (木) 13時02分

すてきな三にんぐみ 本当に素敵ですよね〜(^з^)-☆私は精神年齢が低いのでこういう“ちょい怖”のトーン大好きです。しかも必殺仕事人のような悪人なんだけど、もっと性悪な人をやっつけちゃって、実は良いこともしてたりするなんて-♪絵ももちろん好きなテイストです!
ちなみに、手のひらサイズの絵本うちでは良く購入します。
なぜかというと、ちびちゃんの手は本当に小さいから、レギュラーサイズの本だとめくりづらいし、本棚からよいしょととるのも一苦労。ちっちゃいと2〜3冊抱えて好きな場所へ持っていけるので、うちの子はおもちゃコーナーまで運んで、ぬいぐるみのプーさんに読んであげたりしてます。我が家のねんねスタイル「お布団に入って寝ころんで読む」も重くないからGOODなのです。でも、絵本の迫力は半減、コレクション価値も?ですけどね(^_^;)

投稿: 太陽と月の子 | 2005年12月 9日 (金) 12時48分

太陽と月の子さん、こんにちは!
おおおお〜そうか!!なるほど〜鱗から目です!
お子様の手に合わせてるんだ…。なんで気づかなかったんだろう?ばかですな〜 勉強になりました!
プーさんに読んであげてるんですね。チョーかわいいッすね〜お!!そうだ!そんなお話の絵本を創ってみませんか?よさそう〜印税はどうします?

投稿: アキンガー | 2005年12月 9日 (金) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106422/7492482

この記事へのトラックバック一覧です: ●すてきな三にんぐみ:

« ●サイレント ヴィジョン | トップページ | 号外:やった〜合格! »