« 2006年4月 | トップページ

2006年5月16日 (火)

●ゼラルダと人喰い鬼

Ansinこんにちは!e-絵本のアキンガーです。このあいだ珍しく…というか初めて映画を観る前に原作を読みました。いま話題の「ダ・ヴィンチ・コード」を。
あの〜おもしろかったです! 結構悩んだんですけど…映画の楽しみがなくなっちゃうかな〜って。
なんで読んだかというと、ダ・ヴィンチのモナリザっていろんな説があったじゃないですか。それがすごく知りたくて読んだんです。でも物語はモナリザだけの謎解きではなかったです(あんなに表紙にドアップに使っていたのに)。それでもおもしろかった。最後がよくわかんなかったけど…
そんでもって読んでいる時って頭の中で映像としてシチュエーションを想像しますよね〜。読み終わるまで見ないようにしていたんですけど、本を読み終わってから映画の予告編を見たんです。これが自分の想像していたのと、びっくりするほど一致していてうれしくなりました。「あ、あのシーンだ」とか「これはあいつだ」とか…映画監督って凄いっすね〜。まぁトムハンクスの髪型が“あれれっ”て感じだったけど(^^)
そん時、とってもいいことに気付きました。映画を見に行ったら字幕読まなっくってもいいってことに。おいら頭の回転がどうやら人より遅いらしく、字幕の映画はとっても大変です。理解しようとしているうちにシーンがかわっちゃうんです。わけが分かんなくなっちゃう。かといって吹き替え判は嫌だし…。だから今回は映像に集中できます。うれしい〜!!
そ〜か〜原作を先に読むとそんなメリットがあるのか〜って実感したアキンガーでした。
さてさて本日の絵本は

続きを読む "●ゼラルダと人喰い鬼"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ