« ●まさ夢いちじく | トップページ

2006年5月16日 (火)

●ゼラルダと人喰い鬼

Ansinこんにちは!e-絵本のアキンガーです。このあいだ珍しく…というか初めて映画を観る前に原作を読みました。いま話題の「ダ・ヴィンチ・コード」を。
あの〜おもしろかったです! 結構悩んだんですけど…映画の楽しみがなくなっちゃうかな〜って。
なんで読んだかというと、ダ・ヴィンチのモナリザっていろんな説があったじゃないですか。それがすごく知りたくて読んだんです。でも物語はモナリザだけの謎解きではなかったです(あんなに表紙にドアップに使っていたのに)。それでもおもしろかった。最後がよくわかんなかったけど…
そんでもって読んでいる時って頭の中で映像としてシチュエーションを想像しますよね〜。読み終わるまで見ないようにしていたんですけど、本を読み終わってから映画の予告編を見たんです。これが自分の想像していたのと、びっくりするほど一致していてうれしくなりました。「あ、あのシーンだ」とか「これはあいつだ」とか…映画監督って凄いっすね〜。まぁトムハンクスの髪型が“あれれっ”て感じだったけど(^^)
そん時、とってもいいことに気付きました。映画を見に行ったら字幕読まなっくってもいいってことに。おいら頭の回転がどうやら人より遅いらしく、字幕の映画はとっても大変です。理解しようとしているうちにシーンがかわっちゃうんです。わけが分かんなくなっちゃう。かといって吹き替え判は嫌だし…。だから今回は映像に集中できます。うれしい〜!!
そ〜か〜原作を先に読むとそんなメリットがあるのか〜って実感したアキンガーでした。
さてさて本日の絵本は

「ゼラルダと人喰い鬼」です。「すてきな三にんぐみ」のトミーアンゲラーさんです。
この絵本は、安心して読める昔話ってかんじのハッピーエンドなお話。個人的に映画も絵本もハッピーエンドが好きです。見て良かった〜って思うモンね。
町はずれに住むひとりぼっちの人喰い鬼と、山の谷間に住むお百姓さんのかわいい娘ゼラルダ……なんかなつかしい設定ですよね。「まんが日本昔話」のテーマが流れそう。そんでも大人も充分に楽しめる適度なテキストの量と、ちょっと怖い独特のイラストレーションが、とっても素敵で心和むいい絵本です。
優しい女の子が凶暴な鬼の心を変えてゆく古典的なお話の流れですが、チープな感じがせず、わかりやすく、良くできていると思います。
「すてきな三にんぐみ」のイラストレーションは超シンプルで潔いものでしたが、この絵本はとってもよく描き込まれています。一瞬雑に感じますが動物の表情とか、小物・建物のディテールなど細部までちゃんと描かれていて、コントラストの効いたイラストレーションは、それだけ見てもかなり見応えがある逸品です。
各ページ色彩が微妙に変わっていて、とってもセンスを感じます。ラストシーンも意味深なシーンがあり、ちょっと考えさせられます。なんども開きたくなる絵本だとおもいます。
歓迎会やゴールデンウィークボケで疲れ果てた週末、心癒す、安心して味わえる一冊です。ぜひ!
アキンガーの個人的なオススメ度は4です。
(トミーアンゲラー作 たむらりゅういち・あそうくみ訳 1977年9月10日初版 凸版印刷発行) 
 
 
Ehon_2
 
 
 
 
 
↓ここからアマゾンで買えます!かち!!

ゼラルダと人喰い鬼
ゼラルダと人喰い鬼トミー・ウンゲラー たむら りゅういち あそう くみ

評論社 1978-01
売り上げランキング : 96,718

おすすめ平均 star
starいちばんおいしいお料理
star小さい頃のお気に入りの1冊でした
starこわいけど憎めない!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


|

« ●まさ夢いちじく | トップページ

コメント

アキンガーさん、こんばんは (^^)
私も「ダ・ビンチ コード」読みましたよ。
上巻の終わりくらいから加速がついて、もう止まらない。
「メシを作らねばならぬのにぃ~。本が置けねぇ」て感じ。
おもしろかったですよ。
映画、楽しみです。

投稿: harry | 2006年5月23日 (火) 22時14分

harryさん、こんにちは!
そうそう!上巻の終盤「おお〜それでそれで?」って感じでしたよね。
harryさんはハードカバーの本で読んだんですね(ちがった?)。おいらもそうです。夜、仰向けに寝ながら読むことが多かったので、うっうでが…って感じでした。(^^)
結構重いですよね…そんなことない?
次からは迷ったら文庫本にしようと心に決めた軟弱アキンガーでした。
ではでは
またきてくださいね〜。

投稿: アキンガー | 2006年5月24日 (水) 13時09分

こんばんは!harryです。
アキンガーさんにぜひ読んで欲しい本っていうか、
「この本、アキンガーさん、きっとすきにちがいない!」って
思った本に巡り会ったから紹介したくてやってきました。

「おふとんのくにのこびとたち」(おちのりこ・作 でくねいく・絵 偕成社 1400円)

だまされたと思って読んでみてください。
「だまされたぁ~」って思っちゃったら、ゴメンなさい。

投稿: harry | 2006年5月30日 (火) 22時19分

ダ・ヴィンチ・コード!!!み゛た゛い゛〜〜〜!
なかなか映画館へ足を運ぶことができないので、
DVD待ちかなぁ。。。 原作もよんだんですねえ〜)^o^(
おもしろそうと思いつつ早2年、あの上下巻の存在感に圧倒され
手にすることもできずにいた私です。う〜ん。
DVD観るまで、あと1年くらい結末を言わないでね(*^m^*)

ゼラルダと人喰い鬼(良い本おしえてもらっちゃった♪)
タ、タイムリーだ!只今我が家の[子ぶたちゃん]は反抗期で
なかなか言うことをきいてくれないので、そんなとき
「おばけよぶぞ〜」とおどしていたのですがマンネリで、「へっちゃらだブー」と
効果なくなりつつあったので、最近は「鬼くるぞ〜!!」とおどしていたのでした。
しかも、トミーアンゲラーさんなんですね!早速購入してみましょ。

投稿: | 2006年6月 5日 (月) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106422/10097381

この記事へのトラックバック一覧です: ●ゼラルダと人喰い鬼:

« ●まさ夢いちじく | トップページ