2006年5月16日 (火)

●ゼラルダと人喰い鬼

Ansinこんにちは!e-絵本のアキンガーです。このあいだ珍しく…というか初めて映画を観る前に原作を読みました。いま話題の「ダ・ヴィンチ・コード」を。
あの〜おもしろかったです! 結構悩んだんですけど…映画の楽しみがなくなっちゃうかな〜って。
なんで読んだかというと、ダ・ヴィンチのモナリザっていろんな説があったじゃないですか。それがすごく知りたくて読んだんです。でも物語はモナリザだけの謎解きではなかったです(あんなに表紙にドアップに使っていたのに)。それでもおもしろかった。最後がよくわかんなかったけど…
そんでもって読んでいる時って頭の中で映像としてシチュエーションを想像しますよね〜。読み終わるまで見ないようにしていたんですけど、本を読み終わってから映画の予告編を見たんです。これが自分の想像していたのと、びっくりするほど一致していてうれしくなりました。「あ、あのシーンだ」とか「これはあいつだ」とか…映画監督って凄いっすね〜。まぁトムハンクスの髪型が“あれれっ”て感じだったけど(^^)
そん時、とってもいいことに気付きました。映画を見に行ったら字幕読まなっくってもいいってことに。おいら頭の回転がどうやら人より遅いらしく、字幕の映画はとっても大変です。理解しようとしているうちにシーンがかわっちゃうんです。わけが分かんなくなっちゃう。かといって吹き替え判は嫌だし…。だから今回は映像に集中できます。うれしい〜!!
そ〜か〜原作を先に読むとそんなメリットがあるのか〜って実感したアキンガーでした。
さてさて本日の絵本は

続きを読む "●ゼラルダと人喰い鬼"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月 6日 (火)

●すてきな三にんぐみ

tyoikowaこんにちは、e-絵本のアキンガーです。世の中の流れを無視して事務所にこもっていたら「あらま!」盛岡はゆき、ユキ、雪。すっかり冬らしくなりました。なんともう師走。まいりましたね〜今年も終わりですよ…はやすぎ!って感じですよね〜。
本日はチビッと町に出ました。本屋の前を通ったところワゴンに「日本の猫」っていう本発見!よくありがちな猫の写真集です。でも「おおーこれは!」胸を躍らせる本でした。実によい写真ばかり!そして見覚えが…そうだ、SINRAっていう雑誌で特集していた(ホントによく撮れている猫、いかにもかわいく見せるのではなく本当に猫の普通の生活の絶妙なシーンをとらえた抜群の写真のシリーズ)あの写真だ!最近カミサンに「本買いすぎだ」って怒られているからやめようと思ったんだけど「これは買いだ!」ワゴンの本はちょっと心配なんで中で買いましょう〜。なんて感じで中へ。そしたら、アタゴオル物語や鉄腕アトム、鴨川つばめなんぞを見てまわること30分。結局買ったのは、いまさら「AKIRA」第1巻。(なぜか1巻だけどかいってしまったから…)やっぱり「AKIRA」は1巻が面白いよな〜 なんて感じで満足げに本屋を出たら、そこのワゴンには「日本の猫」……。こいつの存在を忘れていた…。悩んだあげく買わずに事務所に戻ったアキンガーでした。我ながらなにやってんだろうってガッカリしています。きっかけと結果が全く違う。そんなことが私は多い… そんでも久々に読んだ「AKIRA」は面白かった。大友克洋は天才だ。
それはそうとて、e-絵本、今日の絵本は師走ということとは、全く関係なく

続きを読む "●すてきな三にんぐみ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)